Sponsors

グーグルがいよいよ米国でも電子書籍販売を開始という報道
これは非ダウンロード型のグーグル図書館構想に基づくソリューションであるグーグルエディションとは別物。

公式サイト

【12月7日 AFP】米インターネット検索大手グーグル(Google)は6日、電子書籍販売の専用サイト「グーグル・イーブックストア(Google eBookstore)」を立ち上げ、米国内での電子書籍販売を開始した。これまで米インターネット小売大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が電子書籍端末キンドル(Kindle)で、ほぼ独占してきた同市場に強豪が参入することになる。

 マクミラン(Macmillan)、ランダムハウス(Random House)、サイモン&シュスター(Simon & Schuster)など大手出版社を含む4000社と提携し、「グーグル・イーブックストア」は書籍数百万タイトルを取り揃えた。

「グーグル・イーブックストア」からダウンロードした書籍は、インターネットのクラウド上に保管し、ネット環境にあるパソコンや、米アップル(Apple)の「iPhone(アイフォーン)」、「iPod Touch(アイポッドタッチ)」、「iPad(アイパッド)」、グーグルのアンドロイド(Android)OSを搭載した多機能携帯電話(スマートフォン)などで、好きなときに読むことができる。

 対応する電子書籍端末は、ソニー(Sony)のReader(リーダー)や米書店大手バーンズ&ノーブル(Barnes & Noble)の「ヌック(Nook)」などだが、アマゾンのキンドルには対応していない。

 グーグルは来年にも、海外での販売をスタートさせる計画だ。(c)AFP/Glenn Chapman

YouTube上にアップされている公式のビデオらしきもの 頑張ってはいるが特に目新しくないのが何ともグーグルらしい(笑)

WSJのサイト上にアップされているビデオ (要フラッシュ)

今更電子出版に参加する、と言ってもみんな驚かないが、ポイントはインディー系のコンテンツを取り揃える心づもりがあるかどうかだ。
今のところどのプラットフォームも大手出版社と組んでコンテンツ数を増やすところしかみておらず、そのあたりはまだ突込みどころがあると思うのだが。

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - グーグル、いよいよ米国で電子書籍販売を開始 アマゾン独占を崩せるか!?
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!