Sponsors

発表時刻が日本の深夜にあたるためか、まだ日本のメディアの出足は遅い。それでもすでに多くの情報がアップされているのは、今回のニュースがビッグだからだろう。

詳細な解説はEBook2.0 Forumの鎌田氏に譲るとして、ここでは私なりの分析をしてみたい。

今回の発表はどうみてもアップルを意識しているのは間違いない。先日全米の時価総額一位という歴史的なベンチマークを達成し、会長の座に退いたスティーブ・ジョブズは今日のベゾスCEOの会見をどう見るのだろうか。Kindle という単語は出版業界を燃やすためかと思ったら、どうやらアップルを燃やすつもりだったのか?とも取れなくはないほどのパフォーマンスだ(笑)

今回のラインアップについて重要な点は、これまでのキンドルの発表時にはなかった「選択肢」の提供である。

まず、廉価版のKindle はずばり初心者向けである。子供や、これまで電子ブックリーダーを買ったことがない人に対する提案。
先日任天堂が3DSの画期的な値下げを断行した際には、一気に売上が伸びたが、これは値段が高くて手が届かなかった待機層の顧客に手を届かせただけで、長期的な戦略にはならなかった。もちろんこれはDSが圧倒的に普及しているという背景があるからこそだ。
では Kindle はどうか。はっきりいって、アメリカでは iPhone や iPad に比べるとまだまだである。しかし、アマゾンはこれまでのコンセプトを重要視しているので、このラインはそのままキープしてきた。発売日は本日で、広告つきで79ドル、広告なしで109ドル。日本からも購入可能というのが嬉しい。3Gを切り離したという点と広告モデルを採用したという点がポイント。つまりこれは、単に数量を増やす販促用製品の意味合いが強い。(だから徹底的にコストダウンしたおかげで3Gを切り離すことになったのだろう)

実はYouTubeでKindleというアカウントが作成されており、新しくCMが4本アップロードされている。
まずは新しい Kindle について。
Kindle Friends Commercial — Ad for Amazon’s New $79 Kindle

これから年末商戦に向けて、ギフトとして売り込もうというのがよく分かる。

次に Touch 。これが Kindle の正当な後継機種である。しかし、見れば見るほど Nook に似ている。
よく見るとアマゾンで販売されているKindleの旧機種の名称が Kindle Keyboard になっている。並行販売を続ける予定なのだろう。

Nook の Simple Touch は139ドル~。
Nook Simple Touch

Kindle Touch はこちら
Kindle Touch
これまでタッチパネル採用には踏み切らなかった Kindle だが、学生向けに売り込もうとしていた Kindle DX が不発に終わったことに学んだのだろう。(最近空港などではKindleを持っている人を多く見かけるが、いまだにDXをもっている人に出くわしたことがない)

バッテリーライフはやはりタブレットよりこちら、2ヶ月もつと謳われている。

Two Month Battery Life
No battery anxiety – read for up to one month on a single charge with wireless off and a half hour of reading per day.

あとはやはりタップでページがめくれることだろう。最近の若者はタッチパネルにならされているので、それが普通になっている。
アマゾンも最初は「読書」体験をそのまま移行させようとしたのだが、時代の波を感じたのではないか。もちろん、若者だけでなく、大人でもタッチパネルが便利だと感じる人は多いだろう。
Touch の製品ページでも動画が確認できるが、ここを見るとページをめくる動作はシンプルなタッチになっているようだ。指をスワイプさせている感じはしないのだが実際はどうなのだろう。
またパブリックライブラリーからの蔵書が読めるという点も売りになっている。

さて、ではいよいよKindle Fireを見てみよう。
(そのに続く)

<関連記事>
Amazon が新型 Kindle 3機種4製品を発表 (2) 報道リンク集
Amazon が新型 Kindle 3機種4製品を発表 今度はホントの iPad キラーか Nook は死亡確定??

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - Amazon が新型 Kindle 3機種4製品を発表 (3) うぃる爺の分析 
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!