Sponsors

おそらく今世界でも最もホットなスピートフォーラムのTEDの独立系イベントTEDxTOKYO 2010 HIT RESETに参加してきました。

参加者はスピーカーのみならず、すべて主催者の二人(PatrickとTodd)によって厳選(Hand-pickという言葉が使われますが、こちらは手摘み、という意味ですね)されており、昨年からの参加者の弁によると今年は全体的にかなりグレードアップしていたということです。今年からは日英の同時通訳やUSTREAMなどを用いたネットライブ配信が会ったのも特色。(数千人が視聴したとか)

メインのスピーチイベントは全体で四部構成になっており、25名を超えるスピーカーが厳密な持ち時間で洗練されたプレゼンテーションを行うという手法。(スピーカーの中には楽器の演奏やパフォーマンスを行う方も多いので、スピーチというよりはプレゼンテーションという言葉がぴったりきますね)また、TEDでは原則スピーカーと参加者(Participants)は対等に扱われることになっており、アメリカの本家イベントに参加してきたクリントン元大統領、BONO、アル・ゴア、スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツといった顔ぶれとてそれは例外ではなく、全員ノーギャラだそうだ。(旅費すらでないという) このため、スピーチ以外の休憩時間は交流の場となっており、プレゼンを行ったスピーカーとや他の参加者と気軽に交流できるようになっている。金儲け主体のビジネス的なコミュニティではなく、世界に貢献するという志を共有する者同士の集まりということで、異業種間でそれも初めて会ったにも関わらず仲間意識がすでに芽生えているという点がすばらしい。(会場で配られる入場パスには会社名などの記載が一切なく名前のみ)

会場で撮ったいくつかの画像を掲載。

スポンサー企業

スポンサー企業


まずはスポンサー企業の皆様どうもありがとうございました!

ウクレレ演奏者 Jake Shimabukuro氏

ウクレレ演奏者 Jake Shimabukuro氏


今回そのパフォーマンスで全ての観衆を魅了し、前半最大の見せ場をつくったハワイ出身の日系アメリカ人Jake Shimabukuro。エリザベス女王の前でも疲労したというビートルズ楽曲など数曲を披露。
ウクレレ演奏で一番いいのは観客が最初から大した期待をしていないことなんだよね、と語っていた彼の演奏は本当に素晴らしく、その後話した誰もが絶賛していて帰ったらすぐに曲をiTunesで買うといっていた人が多かった。弦楽器が好きな方には間違いなくお勧めです。日本の誇りです。

Kentaro Toyama

元MSR Indiaの外山健太郎氏


自身の体験をもとにインドでのIT教育事情やインターネットと社会のつながりについての持論を愉快に説明しながら、ネットが人間の生活を大きく変えたというのは実際には必ずしも正しくないというプレゼンをしたKentaro Toyamaさん。日本生まれであるにも関わらず完璧な英語でプレゼンが行われたのに感動した日本人も多かったに違いない。(後で話してみたら、アメリカンスクールにいっていたらしい。なるほどと思った) 観客を爆笑の渦に巻き込んだ神田ロムさんのプレゼンは別格として、筆者の印象に強く残ったプレゼンターの一人だった。

林家今丸師匠

林家今丸師匠


伝統的な切り絵をプレゼンして、外人から評判のよかった林家今丸師匠。

レポート2へ続く

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - TEDxTOKYO 2010 レポート1
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!