Sponsors

アマゾンがまたやってくれた。キンドル用にアクティブ・コンテンツを出版(販売!?)することができるプラットフォームを提供するらしく、その開発用キット(KDKと呼ぶらしい)をリリースすることを発表したのだ。

アマゾンKDK

Revenue Share

User revenue will be split 70% to the developer and 30% to Amazon net of delivery fees of $0.15 / MB. Remember that unlike smart phones, the Kindle user does not pay a monthly wireless fee or enter into an annual wireless contract. Kindle active content must be priced to cover the costs of downloads and on-going usage.
Pricing Options

Active content will be available to customers in the Kindle Store later this year. Your active content can be priced three ways:

* Free – Active content applications that are smaller than 1MB and use less than 100KB/user/month of wireless data may be offered at no charge to customers. Amazon will pay the wireless costs associated with delivery and maintenance.
* One-time Purchase – Customers will be charged once when purchasing active content. Content must have nominal (less than 100KB/user/month) ongoing wireless usage.
* Monthly Subscription – Customers will be charged once per month for active content.

Active content applications have an upper size limit of 100MB. Applications larger than 10MB will not be delivered wirelessly but can be downloaded from the Kindle Store to a computer and transferred to the user’s Kindle via USB.

(まとめ)
レベニューシェア
売り上げの70%を開発者側に、30%をアマゾン側への配分とし、1MBあたり$0.15の通信コストが発生する。

アクティブ・コンテンツは今年中にキンドルストアを通じて販売されるようになり、価格設定には下記の3つのオプションがある。

1.無料 - 1MB以下のコンテンツで1ユーザーあたり月間100KB以下のパケット通信しか発生しないものに関しては無料で提供できる。
2.買いきり型 – 1回だけの支払いで継続して使える。通信制限に関しては1と同じ。
3.月額課金型 – ユーザーには毎月課金される。

コンテンツのサイズは100MB。10MBのコンテンツはウィスパーネット(ワイヤレス通信)では配信されず、コンピューターとUSBを介して手持ちのキンドルにダウンロードされる。

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - アマゾンがキンドル開発用キット(KDK)を発表!
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!