Sponsors

昨夜東京に到着した。土曜日まで滞在予定。着いて早速音楽業界の知人と六本木で会食。相変わらず日本の現状について濃いディスカッションが多かったが、思いのほかカジノの話で盛り上がる。ルーレットの話であそこまで深い話ができる人はこれまで会ったことがなかったので旅の疲れにも関わらずかなり楽しい夜をすごせた。35歳になる今年は、もっと日本人に向けて積極的に刺激を海外から与えていきたいと思っている。若い頃ならいざ知らず、もはや社会の中核になる年頃、日本の問題は自分の問題でもある。とりあえず選挙関連の話題が多いのだが、毎回国の税金を使って茶番を繰り広げているのに対して国民が辟易しているのはもはや疑う余地もない。LAXを発つ前にKindleにダウンロードしたWSJにも解散総選挙の記事が。アメリカ人の大半はきっと麻生総理の名前も知らないままになってしまうに違いない。

飛行機の中は最近唯一映画をゆっくり楽しめる時間だが、ANAは映画やビデオのセレクションが実に素晴らしい。今回もぜひとも鑑賞したかったレッドクリフII(まだI も見てなかったが)とおくりびとを見れたので大満足。私は「文学と歴史」人間だが、三国志は特に好きな分野でHistyでも年表を作成中。中でも一番好きな武将の周瑜が主人公であるこの映画は最高。金城武(孔明)や中村獅童(甘興/甘寧がベースの架空の人物らしい)といった日本の俳優の活躍も見逃せない。クライマックスの赤壁シーンは圧巻のスケールで、アジアでは最高興行収入を上げたというのも頷ける。個人的には曹操の顔がMr. マリックに、劉備の顔が故いかりや長介に見えて最後までそれがおかしくて仕方なかった(笑) ウェブ上ではこの映画が史実と違う演出をしたとかで苦情を言ってるファンもいるようだが、正直ハリウッド映画に比べるとなんてことないのでは。アメリカでも上映して欲しいが、三国志を知らない人にはちょっと厳しいか。

またレッドクリフではやはりリーダーシップの重要性を感じさせられた。今の日本に欠落しているものはまさしくこのリーダーシップだと思う。総理に就任するや否や、国民の(というか野党か?)話題はすぐに辞任に追いやる話になってるように思うが、自分たちで選んだリーダーじゃないからこうなのか、それとも学校や職場でもこんな感じなのだろうか。上司は部下あっての上司であり、どちらにも貴賎の別はない。役割と責任が違う、それだけだから互いにサポートしあわなければならない。歴史の話になると、私はきまって参政権の歴史を語るようにしている。これは人類が民主主義に到達するまでにどれだけの血を流してその尊い権利を勝ち取ってきたかを理解して欲しいからだ。レッドクリフIIでも冬至の祝いに家族のもとにいれない兵士を前に、そのような平和を得るために将軍達が目前の戦の重要性を語るシーンがあり涙を誘う。平和は勝ち取られてきたものだ、決して「権利の上に眠る者」になってはいけない。無関心が一番よくない。例えば失って初めて分かる親のありがたみというが、これが分かっているなら親がいる時から努力をしないといけないのだ。とにかくこの映画に出ている俳優のように国際舞台で活躍している日本人には賛辞を送りたい。

おくりびとも前評判どおり感動する映画だった。この二つの映画に共通するのは「命の尊厳」。出張というと気持ち的にはいつも「戦地に赴く」ような気分になるものだが、そういう意味では非常にいい発奮材料となった。残りの時間はKindleで大量にDLしたゴルフ関連の本や東京ガイドなどをみながら当社で出版するコンテンツの研究。あといつもどおり深堀プロのゴルフレッスンのビデオ鑑賞。今回は6本もアップされてて楽しめた。このビデオとフライト中に読んだALBAのおかげでAW(52度)が欲しくなってしまった。。。

東京には土曜日まで滞在予定。今回は近しいビジネスパートナーと長めの時間をとってしっかりと商談する姿勢。こちらは暑くて湿気があるが、こないだベガスに行ってきたせいで、それほど暑く感じない。今泊まっているホテルには滞在者向けにジムを使えるサービスがあるようなので、今はまっている筋トレでもやってみようかな。

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - レッドクリフとおくりびと
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!