Sponsors

ワシントンポストの報道に端を発した一連のPRISMスキャンダルの勢いはまだ衰えない。
テンションは、過日のウィキリークスの報道を想起させる。

GIZMODOは内部通報者(Whistleblower)へのインタビューを掲載した。報道によると、彼の名はEdward Snoden。以前NSAにコントラクターとして勤めたことがあり、現在は大手戦略コンサルファームのBooz Allen Hamiltonの香港オフィスに勤めているそうだ。

k-bigpic

「もう祖国の地を踏むことは無いだろう」と題されたインタビューで、彼は自身がやったことの正当性を主張しつつも、アメリカに残した家族の安否を気遣うコメントをしている。

I understand that I will be made to suffer for my actions . . . [but] I will be satisfied if the federation of secret law, unequal pardon and irresistible executive powers that rule the world that I love are revealed even for an instant.

(自分がやったことで苦労するのは分かっている。だけど、自分が大好きなこの世界が連邦の秘密の法律や、不公平な待遇、誰にも抗えない権力などによって支配されることから一瞬間でも解放されればそれで満足だ)

It has given me hope that, no matter what happens to me, the outcome will be positive for America. I do not expect to see home again, though that is what I want . . . The only thing I fear is the harmful effects on my family, who I won’t be able to help any more. That’s what keeps me up at night…

((一連の報道は)結果的にはアメリカには良い方向に影響すると信じている。だけど、自分がいくら望んでも母国の地をまた踏めるとは思っていない。唯一気がかりなのはそこに残してきた家族のことだ。何があっても助けてあげることはできないから。それを考えると夜も眠れないんだ。。。)

セキュリティとプライバシー、この表裏一体の問題を巡るトラブルはまだまだ尽きることがなさそうだ。テロリストにより深刻なダメージを受けたアメリカ、グーグルやフェイスブック、アマゾンにアップルという世界のITプラットフォームを牛耳る大企業を有している情報大国の今後は世界的な関心を集めている。

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - NSA PRISM 密告者の嘆き
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!