Sponsors

第68回ゴールデングローブ賞(ハリウッド外国人記者協会主催)が本日発表され、当ブログでも映画レビューをお伝えした「フェイスブック」の誕生秘話を描いた「ソーシャル・ネットワーク」(デビッド・フィンチャー監督)が、ドラマ映画部門作品賞や監督賞などで見事4冠に輝いた。同賞は米アカデミー賞の前哨戦となることでも知られており、俄然アカデミー賞受賞への気運が高まってきた。

受賞したのは下記の4つの賞 詳細はコチラ
Best Motion Picture – Drama (最優秀作品賞 ドラマ部門)
Best Director – Motion Picture (最優秀監督賞)
Best Original Score – Motion Picture (最優秀作曲賞)
Best Screenplay – Motion Picture (最優秀脚本賞)
(残念ながら渡辺謙出演のInceptionは受賞を逃したようだが、アカデミーに期待したい)

おめでとうございます!! 

フェイスブックやツイッターだけじゃない、ソーシャルメディアの今と未来について知りたい方はこちらをどうぞ↓

チュニジアの革命の件といい、これでソーシャルメディア元年にも弾みがかかるだろうか。「ソーシャル」の波は世界を揺るがしている。
本邦初公開を果たした週末でも興行成績は2位に食い込んでいるようだ。(ちなみに、まったく本エントリーとは関係ないが一位の「僕と妻の1778の物語」の原作者眉村卓先生は高校の先輩にあたる)

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - フェイスブック創始者の物語 「ソーシャルネットワーク」がゴールデングローブ賞4冠!
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!