Sponsors

本書を読んで、「いったい何がソーシャルメディア革命なのか?」と思われた方がもしかしたらいらっしゃるかも知れない。

そんな方々にまず一言。 「読んで頂きありがとうございます!」
何よりこれだろう。

そして、もう少しだけブログで補足させて頂く。書籍の内容をブログで補足するというのが、本書で語られているソーシャルメディアの特色の中のリアルタイム性とクロスメディアと言える。(何しろ私は、このエントリーを読者の反響を見ながらリアルタイムで書いている。只今LA時間午前4時。どうやら「わが子」の反応が気になって仕方ないらしい 苦笑)

後書きにも書いたが、少なくとも著者の私に取ってはこの本は「ソーシャルメディア革命」そのものである。だから、革命が起きているのか、いないのか、という点については手にお持ちのその本がそれを如実に示している。だが、これもピンとこないかたが多いかも知れない。

日本から太平洋を離れた遠くにあるロサンゼルスという街で書いた草の根ブロガーのブログエントリーが、一瞬にして、ツイッターを経て(社長さんのキャラによる所も大きいと思うが)日本でも超有名な出版社の社長の目にとまり、その1週間後には出版が決まり、80日後には原稿が出来上がり、ちょうど110日で本が日本全国の書店の店頭に並ぶ、というスピードは驚異的なものだと思う。(しかも並んでいる場所と数が半端ない!!) 

そして、この話にはもう片方のストーリーがある。それを個性たっぷりの干場社長自らが、語った内容がコチラ、以前のエントリーでも紹介したが「たかひろナイト」というUSTの番組である。(ぜひ一度本書に登場するカリ・ルイスやスッチー・ガグ、ニール・シェーファー氏らと対談してもらいたいものだ)

Takuhiro Night

革命は人々の人生を変える。そして、それはあなたにも起こることなのかも知れない。。。


フェイスブックやツイッターだけじゃない、ソーシャルメディアの今と未来について知りたい方はこちらをどうぞ。
あなたの周りの「プロ」は実は本当のソーシャルメディアを知らないかも…

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - ソーシャルメディア革命 干場社長が語る誕生秘話 あるブログの物語
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!