Sponsors

アメリカに住んでるのに、ここのところ、ずっとツイッターやUSTで日本の現状をチェックしている僕は確かに、他の日本人と比べても少しおかしいのかも知れません。しかし、世界の果てのコンゴの問題にさえ熱心になる僕が、母国の未曾有の大災害に対して敏感にならないわけがないのです。このやるせない感情はどうにもなりません。

で、この投稿が友達から転送されてきたわけですが、あまりに不快なので、全部翻訳します。
元の記事はDo Not Donate Money to Japan です。 書いた人の名前はJohn Carney (@Carney)で、役職はシニアエディターとなってます。

正直言って、最初はエイプリルフールか何かの冗談だと思いました(苦笑)
今とんでもないことになっている日本の方々にわざわざ英語で反論してくれとはいいません、しかし、海外在住で英語ができる方、もしも下記のコメントに対して納得できなければ声を上げてもらえませんでしょうか。
僕はすでに、コメントを実名(Willは通名ですが)で投稿し、さらにツイッターでメッセージをエディターに送りました。

こんな事態で、このような言語道断の投稿をさせるCNBCにも遺憾の意を表明します。(ていうか、今日行ってきたチャリティイベントを主催してたのはCNBCの親会社のNBC Universalだったんですが、何だったんでしょうか。もしかしたら赤十字への今回の寄付は日本限定ではないのかも知れませんね、確認が必要かも知れません。そんなことないはずなんですが)
ネット上では、American Red Crossへの寄付を勧める声が多いです。確かに信頼のある団体です。しかし、2007年にCharity GlobeというNPOを立ち上げて、ソーシャル寄付の活動をしようとしていた際に調べたことですが、大きな団体だからといって、全てがいいかというとそういうわけでもありません。得たいの知れない他のところへ寄付するよりはいい、という程度で、もちろん彼らも経費はがっつりもっていくわけです。CEOだって、すごい給料もらってます。この辺り、寄付やNPOの実態になれていない日本人には難しいことかも知れませんが。

本文です。言いたいことはいろいろありますが、この後の対応は読んだ方の良心に委ねたいと思います。慈善活動が盛んなアメリカで、珍しい意見だと思いますが、不況に苦しむアメリカの本音も見え隠れしますよね。911とかKatlinaの時に世界中から寄付を集めて復興したのは、何だったんでしょうかね??

<本文訳 訳責 筆者>

チャーリー・シーンが生中継の舞台で、彼の財産の一部を日本の震災のために寄付したのを見ても分かるように、日本に寄付をするのは悪い考えだ。

地震、ハリケーン、洪水、津波、火山、あるいは化学的もしくは核による災害というものは人々に、慈善寄付という形での災害救援を支援したいという強い感情を誘発させる。そして、これらは直近の災害に苦しむ人たちの方向に向けられるのだ。

ほとんど全ての国際的な災害救援は非効率である。理由の一部は、これらの救援団体は誰が一番苦しんでいるかを知らないからであり、最も効率的に救助する方法を指示できないからである。

更に言うと、これらの大量の「計上された」慈善マネーは救援のプロセスの効率を下げるだけなのである。
というのもこれにより、集められた基金はその使い方を知らないような地域や組織群に流れ込み、結果としてそれらのほとんどは使われずに終わるか、間違った使い方(ill-spent)をされて終わるのだ。

日本の災害救助に寄付すべきではないという点で私と意見を一にするフェリックス・サーモンは、また上記とは別に加味するべき要素を挙げている。それは、日本が世界で最も豊かな国の一つであるという事実だ。つまり、彼らは自分たちの問題は自分たちで始末できるのである。

この日本の場合に限って言えば、他にももっとたくさん寄付すべきでない理由がある。
日本は豊かな国であるのみならず、自国の災害に対応するため(だけではないが)に何千億円(hundreds of billions of dollars (billion dollars = 何十億ドル)という新しい紙幣を印刷するのだ。つまり、彼らにとってお金はボトルネックには成り得ない。お金が必要なら、日本はいつでもそれを得ることができるのだから。

私たちは、自分たちの不安定で予測不能な生活のために使ったほうがよほどましである。もしも、私たちがチャリティに興じたければ地域ローカルのチャリティや教会にそれらを投じればいい。もしも国際的なチャリティに興味があるのならば、Charity Waterや赤十字、国境なき医師団などに使ってあげればいい、ただ不特定の目的のために、という条件付きでだ。

最後にもう一度Salmonを引用してみよう:

まとめるなら、赤十字やSave the Childrenのような組織が日本で重要な役割を果たす可能性は十分にある。しかし、また彼らは同じように重要で有意義な役割をまったく他のところでも果たすことができるのだ。だから、寄付をしたければそうしなさい。ただ、お金に糸目をつけないように! (and give generously!)
そして、お金を他のNGO(非政府組織)にもあげよう。例えば国境なき医師団(MSF)のような、自然災害にすぐに飛びついたりせず、日和見主義のマーケティング手段(opportunistic marketing devices 意味がやや不明)として用いることができるところにね。無条件にするんだよ、わかったね。

The fact that Charlie Sheen has decided donate a portion of the money from his live stage shows to help people affected by earthquake in Japan should be all you need to know that donating money to Japan is a bad idea.

Earthquakes, hurricanes, floods, tsunamis, volcanoes and even chemical or nuclear disasters can provoke a strong urge on the part of people to want to provide disaster relief in the form of charitable donations directed at those afflicted by the most recent disaster. This is almost always a mistake.

Almost all international disaster relief is ineffective. Part of the reason for this is that relief groups rarely know who is suffering most, or how aid can be most effectively directed.

What’s more, these floods of ‘earmarked’ charity dollars only make the relief process less effective. It results in a gush of funds into a region and organizations that cannot possibly know how to spend it—as a result, much of it often is unspent or ill-spent.

Felix Salmon, who agrees that we shouldn’t be donating to Japanese disaster relief, points out another factor that should come into play—Japan is one of the wealthiest countries in the world. It can pay for its own relief.

In the specific case of Japan, there’s all the more reason not to donate money. Japan is a wealthy country which is responding to the disaster, among other things, by printing hundreds of billions of dollars’ worth of new money. Money is not the bottleneck here: if money is needed, Japan can raise it.

We’d do far better to use these occasions to reflect on the unpredictability and fragility of our lives. If we’re charitably minded, we can turn to local charities and churches. If it’s international charity that interests you, donate to Charity Water, the Red Cross or Doctors without Borders—with dollars unrestricted to any particular disaster.

Here’s Salmon again:

That said, it’s entirely possible that organizations like the Red Cross or Save the Children will find themselves with important and useful roles to play in Japan. It’s also certain that they have important and useful roles to play elsewhere. So do give money to them — and give generously! And give money to other NGOs, too, like Doctors Without Borders (MSF), which don’t jump on natural disasters and use them as opportunistic marketing devices. Just make sure it’s unrestricted.

Questions? Comments? Email us at NetNet@cnbc.com
Follow John on Twitter @ twitter.com/Carney
Follow NetNet on Twitter @ twitter.com/CNBCnetnet
Facebook us @ www.facebook.com/NetNetCNBC

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - CNBCの投稿 「日本に寄付するな」 の衝撃
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!