Sponsors


少し画像暗いんで申し訳ないんですが、神のごとく精密なビートを刻む男として有名なスティーブ・ガッドです。
Steve Gadd Official Website

Wiki in English
日本語ウィキ

ウィキより

スティーヴ・ガッド(Steve Gadd、1945年4月9日 -)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター生まれのジャズドラマー、セッションドラマー、スタジオ・ミュージシャンである。

マーチングバンド、ドラムコーで培われてきたスネアドラムの奏法、パラディドルやオープンロールといったルーディメンツプレイをドラムセットの演奏に多く持ち込むスタイルが特徴(ガッド・スタイル)。これを正確に演奏するので同時代のドラマーの尊敬を集め、Gadd を God とかけて「神様」と呼ばれたりした。正確なその演奏を、教則本のような、機械のような、と評する人達もいる。卓越したテクニック、天才(的な技術)、とも評される。グルーヴ感のある部分も評価されている。1970年代~80年代においては、彼のフレーズやテクニックを真似たフォロワー(ガッド・フリーク)が多く出現した。

2007年に、ヤマハより全世界100セット限定で本人が使用しているものと同様のシグネイチャードラムセットが発売された。ちなみに日本国内は 10セットが出荷され、本人の直筆サイン入りのシリアルNo.入り認定書が付属している。メイプルカスタム用スモールラグ(クローム)や3.0mmブラック塗装のアルミダイキャストフープ(TT、SD)、GADDエンブレム等の特別仕様となっている。

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - 頑張れ日本プロジェクト ~Jazz Musician 編~ Steve Gadd
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!