Sponsors

ソーシャルリーディングの新しい形を提案するツイパブのベータ版が立ち上がった。運営するのは携帯向けの独自フルブラウザを開発・提供しているJig.jp である。

jig.jp、ツイパブ(β)で電子書籍サービスに参入

電子書籍におけるUGC/CGMの実現

jig.jpは4月18日、ソーシャルリーディングサービス「ツイパブ(β)」をリリースした。サービスは無料で利用できる。

 同サービスは、Twitter上で“ソーシャルリーディング&パブリッシング”を可能にするEPUBリーダーサービス。技術的な言葉を用いてサービスの概要を表現すれば、DropboxのストレージサービスAPIとTwitter API、そしてWebアプリとして実装したEPUBリーダーのマッシュアップサービスだ。

 対応端末はiPhone 3GS/4、第3世代以降のiPod touch、iPad、Android OS 2.1 update 1以上を搭載した端末となっている。基本はWebアプリケーションだが、ユーザーインタフェースなどのデザインはよく作り込まれ、iPhoneアプリなどと同じように見える。なお、Android版はアプリとして用意されている。

iPhoneなどで、URLを開き、ホームページにアイコンを設置するとアプリのような動きをする。

超便利なストレージサービスDropboxと連動しているのも便利だが、ツイッター経由でのソーシャルリーディングに対応している点が何といっても目玉である。

 これだけであれば、個人利用を想定したDropboxと連携するEPUBビューワでしかないが、ツイパブ(β)はさらにソーシャル性を持たせた。つまり、このEPUBコンテンツを世界に公開できるのだ。ツイパブβの公式Twitterアカウント(@twePUB)と相互フォローしている場合、上図中央のように公開/非公開ボタンが表示される。公開すると、専用のハッシュタグが生成されるので、それを利用してフォロワーと読書体験を共有することができる。

そして、拙著「ソーシャルメディア革命 「ソーシャル」の波が「マス」を呑み込む日」もこの最初のラインアップに登場している。

この後実際にダウンロードしてみた。慣れるまでには少し手間取るかも知れないが、動作はなかなか快適。

無事DLできた

原文にもあるように、これから他のプラットフォームを取り込んでいけば、奥の深い広がりを見せる可能性のある興味深いサービスである。
これまで、筆者が述べてきたような「ソーシャルメディア」と「電子出版」の両立により、いよいよ電子出版市場はこれまでの枠組みを一気に乗り越えていける可能性をもつと思うのだが、果たして今後の展開やいかに。

ツイパブの公式ツイッターアカウントはこちら:@twePUB
運営会社 Jig.jp 

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
Post to Google Buzz
Bookmark this on Hatena Bookmark
Hatena Bookmark - jig.jp、ツイパブ(β)で電子書籍サービスに参入 「ソーシャルメディア革命」が初期導入タイトルに!
Share on LinkedIn
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on reddit
Share on FriendFeed
Newsing it!