Sponsors

コメントに対する返信 近隣諸国を巡る問題について 日本にとってのソーシャルメディア革命とは何か

リビアなど世界中の民衆デモに対する武力弾圧を止める!についての支援を呼びかけるエントリー

BlogWorld & New Media Expo 2011がロサンゼルスにやってくる (11月3~5日)というニュース

第一章 ウィキ事始め ~ ウィキペディアンの憂鬱 (9)のエントリー

反政府運動が拡大するアラブ諸国のインターネットとソーシャルメディア利用についてのエントリー

Tweet AT&T Allows Wireless Mobile Hotspot for iOS 4.3 Users (MacRumors) 先日のVerizon iPhoneについてのエントリーでもご紹介したモバイルホットスポット機能だが、これは実は大きな抱え込み戦略である。というのも、アメリカのネット回線は遅すぎるからだ。未だにほとんどのオフィスではマックスでもT1レベルのスピードしか使えていない。つまり、今後の4G回線を見越せば、オフィス利用でもiPhoneをハブとして活用することができてしまうくらいだ。(通常はオフィスには住居用のネットをひけないことになっているが、さすがにこれを規制する方法はデータ利用料くらいしかないだろう) いちおうプロのブロガーとして活動している筆者の自宅であっても、実は5Mbpsくらいしかでていない。日本に比べると遥かに遅れているのはいうまでもない。(光ファイバーはまだ自宅の地域には届いていないようだ) 以前中国の3G案件を手がけた時にあった話で、中国の田舎に地上線をひくくらいならTD-SCDMAをひいたほうが早いという話だったが、アメリカも中国のことを笑えるような状態ではないのだ。 ということで、どうやらAT&Tもこの機能を新OS(iOS4.3)でサポートするらしい。ハード的には問題なく、キャリアがサポートするかどうかにかかっているということで、強敵Verizonに対抗するにはやるしかない、というのが本音だろう。 One of the distinguishing features of the Verizon iPhone was the new ability for iPhones to act as a mobile wireless hotspot for other devices. This allowed customers to use their iPhone’s data connection to share internet with up to 5 Wi-Fi enabled devices, such as your laptop or iPad. While AT&T hasn’t publicly committed yet to providing the same wireless hotspot functionality to iOS users, we’ve known that iOS 4.3 (currently in beta) adds this functionality to the OS. It’s simply up to each individual carrier to decide to support it. AT&T did announce support for […]

コミュニケーションの基本は共通項探し ~ ZEN ENGLISHのエントリー

ソーシャルメディア倶楽部と電子出版SNSにて出版および増刷記念キャンペーンの実施についてのエントリー

ムバラク大統領辞任、エジプトでソーシャルメディア革命についてのエントリー

Verizon版 iPhone4とAT&T版との違い