Sponsors

さて、そんなトム・ハンクスが主演し、ここロサンゼルスを舞台にした映画が全米で今月20日より公開される。 世界的名作「メアリー・ポピンズ」(*映画はメリー・ポピンズ)の映画化をめぐる舞台裏のエピソードをテーマにした”Saving Mr. Banks"(邦題:ウォルトディズニーの約束)がそれだ。クリスマス映画興行の目玉であり、ウォルト・ディズニー自身をテーマにした映画自体が極めて稀である。 昨夜Disney Parks Blogが主催するこの映画の招待制試写会イベント"Practically Perfect Preview”がダウンタウンディズニーであり、参加してきた。 ちなみにこのイベントの1日前にはLAでレッドカーペットイベントが開催されている。 日本では来春公開予定らしい。