Sponsors

東京出張を何とか終えてLAに到着。今回は普段よりも少なめのアポにして、一件あたりの時間を増やすようにしたり作業時間や予備のMTG時間なども設けてはみたものの、急な変更やキャンセルがあったり、そこで空いた時間に他のMTGを追加したりで結局いつも通りの慌しい出張となった。普段から出張中はアポの詰め込み過ぎや明け方から始まるアメリカとのやり取りなどで睡眠時間がかなり少なくなることが多いのだが、今回は完徹に近い状態が二晩ほどあったので最後の夜は11時ごろにダウンしてしまった。 この夏から(北米市場における)電子出版の業界に進出することになったので、その関連のリサーチや聞き込みをあちこちでしてみたが、かなりの手応えを感じた。ここでいう手応えという中には日本市場と北米市場の方向性や温度差の違いなども含まれており、いわゆるニッチを見つけることができたと思っている。しかも市場的にはかなりの規模になる見通しであるからニッチとはいえ馬鹿にはできない。隙間が小さいとは限らず、産業構造的に日米間に溝がある場合などは隙間というか、むしろ吊り橋のかかっていない二つの断崖みたいなもので、ここに吊り橋をかけるのが我々の仕事である。今回の出張ではアマゾンのKindle (キンドル)を持ち歩いてみた。勿論初めて見た人が多く、周囲のレスポンスは大変参考になった。実際には使用している光景をみて「それ何ですか?」と話しかけてきたのはANAのCAだけだったが、仕事熱心だの表れだと思う。(丁重に説明した上に、一見分からないけど3Gがついてるのでオフラインにしてくださいとお願いしないとダメですよ、と余計なアドバイスをしておいた。同僚の間における彼女のポイントアップにつながればいいのだが) さて、今回の東京出張中の日本はまさに選挙一色。特に自民党のドタバタ騒ぎには本当に辟易させられた。散々税金の話をしている上に、結局はまた総選挙と一番金のかかることをやる。茶番はもういい加減にして欲しいのだが、もう今年で35歳になる私としてはこの日本の政局の不安定さは他人事ではなくなってきている。何せ、移り変わりが激しすぎる。自民党の一党独裁が続いているのは分かるが、首相はコロコロ変わり過ぎて海外の人はもはや名前を覚える努力もしないだろう。また今回初めて知ったのだが衆議院は今回が戦後史上2度目の在任期間の長さだという。4年の任期を満了した衆議院というのは過去に1回(大平内閣の時代)だけだというから驚きである。企業の改革でも1,2年では大きな結果が出ない昨今、国政を変えるのには4年でも短すぎるくらいだというのに。結局今回の解散で無効になった法案の数は114もあるというから呆れる。 今回の出張のサプライズの一つは大学時代の知人と会食をしている際に、立候補を打診されたことだった。周囲には他にもサポートしてくださる方が多いだろうと思う。もしも私が出馬するとしたら、若者(40代以下)と海外に住んでいる邦人の利権を代弁するものになるだろう。政治の経験はないし、親戚に政治家もいないが、そういう人物にこれまで任せっきりにしてきて何かいいことがあったか、と有権者に問いたいものだ。実際には海外に在住しているわけで、当選することが大変な以上に当選後も大変なことになると思うが、自身のやる気というよりは使命感があまりにも大きくなってきているのを感じる。一番迷惑をかけるのは家族や従業員、とりわけ妻の支援は欠かせないところなので真っ先に相談しているところだが、まだ許可はおりてない。たとえ今回は難しかったとしても、次回以降のために具体的に策を練っていきたいし、今回も何か若者の投票率や政治意識の向上につながる貢献をしていきたいと思っている。とりあえず自身が政党を立ち上げるとしてマニフェストを作成し始めた。どうせなら地元の大阪というよりは無所属で全国区の比例代表での出馬を希望するが、600万円かかるという供託金が最初の課題か。この夏は「熱い夏」になりそうだ(笑) <PR> ご自身が著作権を有する文芸作品(文学作品、小説、詩集、画集など)を北米の電子出版市場で販売してみませんか?Local Modeが翻訳・編集と出版のお手伝いをいたします。狭い日本の市場を抜け出して北米で巨大産業になりつつあるAmazon Kindle市場で一気に世界デビュー!世界的に作品を世に知らしめ、知名度をあげる絶好のチャンスです。興味のある方はぜひ当社までご連絡ください。 ブログランキング – いつもクリックありがとうございます。 にほんブログ村 にほんブログ村